婚活アドバイス 婚活の心得

 

結婚相談所での活動に限らずに、あなたに相応しいパートナーを見つけるためにできることをPIC UPしてみました。

ぜひ、参考にしてくださいね。

 

☆「男性の為の」 お見合いの諸注意  1 声をかけるのは男性から

今まで、女性目線でのお見合いの注意点を書いてきましたが、初めてお見合いに臨む男性の為にいくつか注意点を挙げておきます。
(重複するところもあると思います)
まず、お見合いの待ち合わせが「14時ホテルフロント前」だったとしたら、13時50分にはフロントの前に「立って」待っていましょう。
ホテルのロビーに椅子があっても、座って待っているのはNGです。座ってきょろきょろあたりを見回すのはかっこ悪いものです。立っている方が視野も広いし^^。
そして、「あの人かな?」という女性が現れたら、必ず自分から声をかけましょう。間違えたって恥ずかしくありません。「失礼しました。間違えました」と言えば大丈夫です。和音の女性会員さんから、「何度も視線が合うのに自分から声をかけてこない人でした」というお相手男性についての残念な報告が時々あります(>_<) 
「〇〇さんですか?」と声をかけ、彼女が「はい、そうです」と言ったら、「△△(自分の名前)です。今日はありがとうございます!では、こちらに席を予約してありますのでどうぞ」などとお席までリードしてあげてくださいね。 

 

 

 

☆「男性の為の」 お見合いの諸注意  2  お店に入ってから

まず、女性には「どうぞ」と一言そえて(笑顔もわすれず)奥のお席に座っていただきましょう。メニューを渡されたら、女性に先に見てもらって注文は女性の分も男性が頼んであげると良いですね。
でも、それぞれが頼んでも大丈夫です。

さて、お見合いでお断りされる男性の特徴をここで書いておきます。

①会話の時に目を合わせない 視線が定まらない

お話しする時は、お相手の目を見るようにしてください。ずっと見つめていなくても大丈夫です。要所要所、例えば会話の冒頭には必ず見るようにしてください。これも「慣れ」だと思います。
恥ずかしかったら、「相手の目を見て話す」→「相手の手元を見る」→「目を見る」→「手元を見る」 など、お相手の目を見るのが「ホーム」となるように意識しましょう。
お見合いが進むにしたがって、目を見て話す時間がだんだん長くなるようにしましょうね。

②声が小さい

声が小さいと自信がないのかな? と思われます。意識してはきはきと「相手に伝わっている」事を意識してお話ししましょう。
時には周囲の声が気になる場所でのお見合いもあるかと思います。余裕があれば機転を利かせてお店を変えてもよいでしょう。周辺の予備のお店のリストを用意しておくとベストです。 

 

③自分のことばかり話す

こういう男性、意外に多いのです。「自分に自信のある男性」が落ちてしまう落とし穴ですね^^。 特に、仕事の話を「よしきた!まかせて!」と得々と話し続けてしまうようです(困った)
お見合いでは、お相手に気持ちよくお話ししてもらう事を念頭に置いてください。会話の分量?は5対5 6対4(お相手が6)がいいですね。30分くらい時間がたったら、「今日はしゃべりすぎてないかな?」と一度我に返ってください。
お相手のプロフィールを覚えてきて、「趣味の音楽はどのようなものを聞かれますか?」などと話題を振ってあげてください。
それから、「自慢話」はほどほどに(というかやめて) おそらく、あなたの美点はプロフィールに書かれていると思いますが、それについて質問されても端的に「こういう事なんです」とお話ししましょう。謙虚な態度は何よりも魅力的です。

 

 

 

 

 

☆結婚相談所でのお付き合いの注意点 

 

「お見合いからお付き合いに入っても、男性がなかなか結婚について具体的な話をしてくれません」という女性会員さんからのご相談がとても多いです。
相談所にいる男性はどちらかというとシャイで慎重なので、お付き合いが始まって最初の一カ月はお互いをよく知る為の時間と捉えている人が多いと思います。
せっかくお付き合いに入ったのに、先走ってうまくいかなくなる事を心配しているのかもしれません。
又、女性とのお付き合いにそれほど慣れていないのかもしれません。
ちょっとスローペースだなと思っても、女性が合わせてあげるのが大事な時期だと思います。
基本的には交際1カ月は「二人で楽しく過ごす事」が一番大事な事なのです。

けれども、並行して数人とお付き合いしている方の場合は、どの方とのお付き合いを優先するかを決めなければいけません。「これだけは聞いておきたい」ということは自分から切り出して聞いてみてくださいね。(私がお相手相談所に確認する事もできます)

※交際の仕方はケースバイケースです。いつでもご相談ください。

 

 

☆「結婚できる」お付き合いのアドバイス 男性編 

大切なのは、『選択肢』を用意しておくことかなと思います。
デートの日時を決める時も 「〇日はお昼に合うのと、6時からだとどちらが都合がいいですか?」
とか (もちろん、ご自分のスケジュールにゆとりがあるときですが)

お店についても 「××に美味しいフレンチのお店があるのですが、どうですか?イタリアンの方がいいですか?」
などと聞いてあげましょう。

「何がいいですか?」と漠然と聞かれるより、答えやすいし、「こんなに考えてくれてるんだ~」 と思ってくれます。(きっと)

☆補足  
こんな時、女性は 「フレンチでお願いします。でもAさんのお勧めだったらどちらでも大丈夫です」 
などと言ってあげると、男性の気分がアガると思います^^

一番最初のデートはどちらもまだ緊張があるかもしれません。時間は短め(3時間前後) をお勧めします。
「もっと長い時間でもよかったな」と思ってもらえたら大成功です\(^o^)/

 

 

☆年末年始など親戚が集まる時は一言お願いしておきましょう

 

独身の人は、年始など親戚が集まる時には、「結婚まだなの?」の話題が出てツライ(/_;)というお話しをよく聞きます。
でも、そういう時は逆にチャンスです。
「そうなんです。どなたか良い方がいたらお願いします」と言っておきましょう。頼られて嫌な人はあまりいません。ご両親からも一言添えていただくとより効果あり。どこに良いご縁があるかわかりませんから。
一つ注意したいのは、もしお見合いのお話しをいただいたら、よほど条件がかけ離れていない場合は積極的にお会いするようにしましょう。せっかく持ってきてくれたお話しですから。
もし、その方とうまくいかなくてもお見合いまでしておけば、又次の方をご紹介してくれるかもしれません。

 

 

 

 

☆結婚相談所で結婚できる人はどんな人ですか?

 

結婚相談所での活動に向いている人、結婚相談所で結婚できる人はどんな人でしょう??
年齢とか年収とかではなく、性格や傾向についてお話ししたいと思います。

まず、第一は、「決断力のある人」 です。どの人に申し込むのか? どの人のお申込みを受けるのか? 誰とのお付き合いを優先するのか?(結婚相談所でのお付き合いは何人かと並行してすることもあります) 結婚相談所での活動は次に進むために、多くの決断を迫られます。考えるのにうーんと時間がかかってしまう人より、早い見極めができる人の方が早くゴールに行けると思います。

次に、「柔軟性のある人」 です。
結婚生活の理想は皆さん、それぞれあると思いますが、結婚はお相手のあること。自分の主張が通らないとしても、「じゃあ、こう変えてみようかな?」とその時の状況に合わせて自分の考え方や行動をシフトできる人は早くお相手が見つかるように思います。

次は「素直な人」を挙げたいと思います。結婚相談所のカウンセラーの立場から、色々とアドバイスをさせていただくのですが、時には耳をかたむけて活動の参考にしてもらいたいです。
どうしても譲れない事があるのは仕方ないことですが・・

最後にこれは絶対はずせません!「あきらめない人」 です。結婚相談所では自分の思い通りにならないこともあると思います。でも、そこでやめてしまっては何にもなりません。とにかくあきらめずに、希望の人とお見合いできるまでお申込みを根気よく続けること。そうすれば、いつかきっと将来のパートナーとの出会いがあると思います。

又、社会人として当たり前のことですが、「約束を守る人」「礼儀正しい人」も補足として挙げておきたいと思います。

あなたはいくつ当てはまりましたか??

 

 

 

☆お見合いのバッグはどんなものが良いでしょう

 

お見合いの時、男性はバックは持たない方が良いでしょう。リュックなどはもちろんNG。スーツ姿にリュックは似合いませんし、クラッチバックも微妙。斜めがけは論外。結論は「男性はお見合いにバックは不要」と覚えてください。

女性が気を付けた方がいいのは、ブランドもののバックはやめておいた方がいいでしょう。「ブランド好きなんだ・・ お金がかかりそうな女性だな」と思われたら損です。ノーブランドで合皮やエナメルで良いので、シンプルで品の良いバッグが一つあると便利です。

 

 

☆お見合いの待ち合わせ場所には10分前には着いていましょう

 

お見合いが午後2時からだとしたら、何時までに行っていればいいでしょう。
「遅刻しなければいいんでしょ」 と答えたあなた。 はい、残念でした(>_<)


お見合いが午後2時待ち合わせだとしたら、1時50分には必ずその場所に立っているようにしてください。
なので、ホテルの自動ドアを1時50分に入ればいいというのではありません。1時50分にはお化粧を直したり、身づくろいをしたりを済ませて、準備万端で待ち合わせ場所に立っていて欲しいのです。なので、最低でも20分前には余裕をもって待ち合わせ場所に到着しているべきでしょう。
以前、和音の会員さんが 「お見合いの待ち合わせ時間ぎりぎりに来た」という理由でお断りされたことがありました。 時間ギリギリに来るというのは、「このお見合いを大事なものと考えていないんだな」とか「時間にルーズな人なのでは」などと、お相手に悪い印象を与えてしまいます。

特に一番最初のお見合いは緊張したり、勝手がわからないことが多いものです。余裕を持って笑顔でお相手を迎えられるように準備万端で行きましょうね。

 

 

 

☆お見合いでの会話について

 

お見合いではどんな事を話せばいいのでしょうか?
お見合いは自分を知ってもらう場、相手を知る為の場です。まず、大事なのは相手のプロフィールをよく読んで行くことです。(お見合いをたくさんする人は決して間違えないように・・)
仕事の事、趣味の事、学生時代の事、住んでいる街の事。。いろいろ話題はあると思います。
大事なのは自分の事ばかり話さずに、お相手の話を引き出してあげる事です。
自分が趣味について話したら、「〇〇さんは趣味は音楽と書かれていましたけど、どんなものを聞かれるんですか?」という感じです。「〇〇さん」と、会話の中で名前で呼びかけるととても印象が良いですよ。
お相手の仕事がわかっている場合は、その業界について質問してみるのも良いですね。

「お互いを知る」事と同じくらい「楽しく話す」と言う事が重要なので、ネガティブな話題は避けましょう。でも、どうしても知っておいてもらいたい事は言ったほうが良いと思います。

一応、お見合いマニュアルのようなものはあるのですが、人がそれぞれであるようにお見合いもそれぞれであっていいし、それが当たり前かもしれません。

今まで何人とお見合いしましたか? いつ入会したのですか? など、相談所での活動についてや、過去の恋愛についてなど聞くことはタブーです。気を付けましょうね。。

 

 

 

☆お見合いの禁止事項(迷惑料を払うケース)

 

お見合いに関することで、これをしてしまうとお相手相談所に迷惑料を払わなければならないという事が3つあります。覚えておきましょう。

 

1承諾したお見合いをしない時 

 

又は、自分から申し込み、お相手が承諾したお見合いをしない時、迷惑料をお相手に払います。「最初良いかなと思ったけど、やっぱり気が進まなくなりました」などと言う場合はもちろん、たとえ間違えて承諾してしまい、すぐ相手に「すみません!間違いでした」と連絡してもダメです。お見合いをOKしてもらったら嬉しいですよね。それが「間違いでした」では、お相手を本当に傷つけてしまうのです。なので、迷惑料をお支払することになります。承諾のクリックする時は間違えないように慎重にしましょう。

※私、会員さんに頼まれて承諾する所、間違えて他の人に承諾のクリックをしてしまった事があります。もちろんお支払しました。本当にごめんなさい(T_T) 

 

2当日のキャンセル

 

「急に体調が悪くなって」 「断れない仕事が入ってしまって」など、やむを得ない事はありますが、その日のお見合いをキャンセルすることになった場合、やはりお相手に迷惑料をお支払します。お相手はあなたに会う為に都合をやり繰りし時間を作ってくれていたのです。これが、前日だったら、お見合い日の調整をし直すということで、罰金を支払うことはありません。でも、もしお見合い日を変更するのだったら、できるだけ早く伝えることです。お相手の身になってみればわかりますよね。

 

3お見合いして交際となったのに、一度も会わずに交際終了とする場合

 

Aさんとお見合いして、交際するつもりだったけど、他にもっと良い人が出てきたのでAさんとはもう会わなくてもいいです・・ という場合、Aさんに迷惑料をお支払することになります。

 

 

結婚相談所に入会すると、月にいくつものお見合いをする事もあるかもしれません。でも、その1つ1つのお見合いは、あなたとお相手のたった一度の大切な出会いの場であることをいつも忘れないでいて欲しいです。

 

 

☆お見合いの時の服装について

 

女性の場合、お見合いに行く時の服装は「ホテルのレストランでお食事をするのにふさわしい恰好」が基本です。一番人気が高いのはワンピースです。白やピンクやベージュなど柔らかいイメージの色が好まれると思います。黒や紺も品が良くて悪くはないのですが、その場合、ネックレスなどで明るい色味があるといいですね。デザインはストンとしたものより、ウエストラインが美しくでる服が好まれます。ワンピースでなければスーツにしましょう。リクルートスーツのようにカチッとしすぎないものを選びましょう。

黒いタイツより、ベージュや薄いブラウンのストッキングが好感度が高くなります。スパッツはお見合いでは好まれません。もちろん、網タイツはお願いだから止めましょう(/_;)

それから、パンツはお勧めできません。


靴はパンプスが良いでしょう。いくら高価でお洒落なミュールも、お見合いでは場違いと取られてしまうこともあります。

 

 

☆お見合いの時のお化粧は

 

お見合いは、ホテルのラウンジで行われるのが一般的です。ふだん、ほとんどお化粧しない派の女性もお化粧はしていってくださいね。ナチュラルメイクも良いのですが、本当に素顔と間違えるほどのものはいけません。お見合いにお化粧をしてこないのは「失礼」にあたります。ふんわりとチークを入れて、リップもピンク系であまりヌーディ―過ぎないものが良いです。

かといって、濃すぎるのもダメ・・(>_<) ホテルだからといって、結婚式の二次会のような華やかさは必要ありません。たとえ、夜のお見合いでも夜用メイクはNGです。清楚に品よく常識のある大人の女性をイメージしてお化粧しましょう。

 

  

  

☆なんでも相談できるあなたの味方を見つけましょう。

 

婚活でうまく行かない時、迷った時。あなたが相談できる人はいますか?

相談する人を間違えると、ますます迷路に迷い込んでしまいます。 結婚に否定的な人に相談しても、前向きな意見を得るのは難しいです。 同じ立場の友人は共感はしてくれるかもしれませんが、あなたが先に結婚すると淋しいと 本当の事を言ってくれないかも・・?

できれば、あなたの幸せを心から願う、ポジディブで率直な意見を言ってくれる既婚者が  ふさわしいと思います。

もちろん、結婚相談所 和音に入会したら、いつでも私 大石康子にご相談ください。 

  

 

 

☆家でじっとしていてはダメ!出会いがあるところへ出かけて行きましょう

 

何か興味のあるイベントや友人のお誘いがあったら(なくても)、迷わず出かけてみましょう。ただ家にいるより出会いのチャンスは格段に広がります。そこにいる誰かが、ステキな人とのご縁を紡いでくれるかもしれません。それでなくとも、いつもと違う刺激を受けることがとても大事。

結婚相談所に入会してお見合いした時には、楽しい話題の一つになるかもしれませんね。

 

 

 

☆うまくいかない時もある。自分が快適な場所、心の持ち方を探しておきましょう。

 

気持ちが沈んでいる時、私は着つけの練習をよくします。綺麗に着せる事に集中して無心になれるのです。何か、自分が夢中になれる趣味を持っているといいですね。他にも、お気に入りのハーブティーやアロマを楽しんだり、時にはタロットカードで占ってもらったりはいかがですか? 

結婚相談所 和音では、ブラッシュアップサービスとして、和音が提携している良質なスクールやサロンを優待価格でご紹介しています。ぜひ、ご利用ください。

 

 

 

☆選ばれるプロフィール写真とは?

 

お見合いで選ばれる人になるには、まずはプロフィール写真。リラックスした雰囲気の中、プロのヘアメイクさんの力を借りて自分らしく魅力的な1枚を取りましょう。

男性もやりすぎない程度に眉毛カットなどしてもらうと、印象がずっとよくなります。重要なのは、「清潔感があること」と「笑顔」です。

 

 

 

☆お付き合いの経験がないのは、全然恥ずかしいことではありません。

 

お付き合いの経験がなくても、お見合いを何回か重ねていくうちに自分を素直に表現できるようなコミュニケーション能力が付いて行きます。「こんな時にはどうしたら?」という時も、恥ずかしがる必要は全くありませんのでいつでもご質問ください。

和音では、お見合いやデートをシュミレーションしたロールプレイングも行っております。安心してご入会ください。

 

 

 

☆結婚相談所は最後の砦ではありません。

 

「合コン、友人の紹介、パーティーといろいろ試したけれどこれといった人に巡り合えず、思い切って結婚相談所への入会を決めました」と言って和音に来てくださる方がたくさんいます。

色々な方法でパートナーを探すのはとても良い事だと思います。でも、結婚相談所ほど、真剣に結婚したい人が集まっているところはないのです。特に女性の方はどうしても年齢が上に行くほどお見合いが難しくなる傾向にあります。

最後の砦などと言わず、早い時期での入会が あなたの理想としている出会いに繋がると思います。

 

 

 

☆パーティーで選ばれる人になるには?

 

連盟のパーティーは「お花見パーティー」「ゴルフ合コン」など、様々です。そのパーティーを最高に楽しめるようなふさわしい洋服を選んででかけましょう。自信をもって自分の魅力をアピールしてください。

あとは、気になる人がいたら、にっこりと微笑んでどんどん自分から話しかけてくださいね。 「この人といると楽しい」と思ってもらえれるように、まず自分が楽しんでしまいましょう。

 男性はもちろんですが、女性も待っているばかりではいけません。

もう一つ大事なのは周りへの気遣いです。異性ばかりでなく、同性にもその場を和やかにするような声をかけてあげるなどの気遣いができると良いですね。 

 

 

 

☆見た目ばかりで判断しないで

 

恋愛経験の少ない人ほどお相手の外見ばかりで異性を選ぶ傾向にあるように思います。

写真を見て冴えないな・・という人でも会ってみると、表情がとても 魅力的だったり、もちろん見た目は大事ですが、それよりももっともっと大切なものがあるはず。

立ち振る舞いが優雅だったり、教養あふれるお話しが楽しかったり・・

人とたくさん会う事、多くの経験をする事で、見る目を磨いてほしいです。  

  

 

 

☆忙しい二人のデートはひと工夫 

 

二人のお休みの日がなかなか合わない時、朝、駅の構内のカフェでいっしょに朝食をとったり、 どちらかの仕事が早く終わったら、お相手の会社のそばでちょっとだけお茶したり・・

会いたい気持ちがあればなんとかなるものです。

そして、こんなに会いたい人になかなか会えないならもう、結婚してしまおう!と二人の気持ちに弾みがつくことだってあるのです。

 男性は恥ずかしがらずにメールや電話では「会いたいのに会えない」気持ちをちゃんと伝えましょう。

 

 

 

 

 


お問い合わせはこちらから
カウンセラーブログより
CLASSYに掲載されました CLASSY掲載イメージ
当サイトはモバイルからもご利用いただけます
カウンセラー 大石康子 大石康子

プロフィール

短大日本文学科卒業

就職後結婚 出産

司法書士事務所・商社勤務後

結婚相談所業を始める

資格:宅建主任・行政書士

   日本仲人連盟認定 結婚カウンセラー

家族:夫と息子

趣味:読書・絵画鑑賞・合唱・着付け・人と話す・ライブに行く

pagetop